トップ >> 老後の生活を保険で備える

ただ、不安な日々からの開放

近年、高齢者向けの保険が数多く販売されています。今までは加入に年齢制限があり入れなかったものも、規制が緩やかになって持病を抱えた方でも加入できるようになってます。高齢者といわれる多くの方が、自分のお葬式代だけでも用意したいと新規加入を希望されています。簡単に入れるのですが、同時に思わぬ落とし穴もあるようです。年々、掛金が増えていき生活が圧迫されたり、積立と思っていたものが掛け捨てだったり。10年保険料を支払い続けて解約しても、解約前の2年分しか返金されないこともあります。独断で加入せず、周りの方に契約内容を確認してもらいましょう。

保険と自分の上な付き合い方

老後は、田舎でゆっくりと過ごしたい。そう決めていたのに、現在でもまだ仕事をしながら生活している方が多いのが現状。老後の最低生活費は、22.3万円、ゆとりある生活をするためには、毎月の平均36.6万円と言われています。今からでもと保険に加入する人が増えています。医療費、死亡保障、個人年金など選択肢も増えています。準備したい老後資金を銀行・共済・年金・貯蓄などと合わせて保険も考慮できれば、安心です。女性のほうが5年長生きすると言われています。お一人様の老後をよりよいものにするためにシュミレーションしてみることをお勧めいたします。

加入するタイミングの情報