トップ >> 生命保険について知ろう

病気やケガをしてしまったら

一昔前、生命保険に入ったきっっかけで多かったのが、勧誘されたから。入社したら会社にセールスレディが勧誘に来て加入したというのがごく一般的でした。今は、その光景も見かけなくなってしまいました。それからかどうか、入ってない人が増えたのでは無いでしょうか?特にきっかけがなかったからというだけで。そもそもなぜ生命保険は必要なのかを理解しないと加入することはこの先も無いかもしれません。ショッピング中に棚から商品を落とし破損してしまった。この際、保険が適用され新しい商品が購入できます。人に置き換えると、ケガや病気をしてしまったら治療するためにその費用をまかなってくれます。入っている方がよさそうですよね。

生命保険に入ろうとするあなたへ

保険に加入している方が、ケガや病気の際費用をまかなってくれるのでよさそうだというのは分かりましたが、治療できないものもあります。例えば、突発的な病気や事故で死亡した場合など。死亡した際に、死亡保障としてお金が支払われますが、もちろん本人は受け取れません。では、なぜ加入するのでしょうか?遺された家族のため、また事業主であれば社員のためでしょうか。いろいろなものが存在する中で、生命保険は特別なものと言えるでしょう。自分のためだけではなくという書面だけでは説明できない人の気持の部分が含まれる分、分かりにくいのかもしれません。

加入するタイミングの情報